go_down

プロが教える
マウンテンバイク
初心者Webスクール

ill01
ill02

富士山をマウンテンバイクで駆け抜けてみませんか
マウンテンバイクやダウンヒルの初心者でも大丈夫
ふじてんのマウンテンバイクコースプロデューサーで
プロMTBライダーの高橋大喜プロが初めてMTBに挑戦する人に
そのノウハウとコツを動画つきで大公開しちゃいます。

高橋プロに聞く!初めてのマウンテンバイク
ダウンヒル乗り方講座(解説映像付き)準備編

高橋大喜プロ

今日の講師
プロMTBライダー 高橋大喜

DAIKIFREERIDE MTB LOGIC代表。
コースプロデューサー、コースデザイナー、
RockyMountaincycles契約ライダー。
現在では日本人として唯一の
FMBプロライセンスを持つライダーとして活動している。
続きはこちら→

ライン

初めてでも大丈夫?どんなコースになっているの?

初めてでも大丈夫?どんなコースになっているの?

本場のカナダスタイルを味わえる!
ちょっとスリリングなコースから初心者でも安心して走れる芝生のコースまでを楽しめるマウンテンバイクコースです!

初めてでも大丈夫?どんなコースになっているの?

初めてでも大丈夫?どんなコースになっているの?

ふじてんマウンテンバイクコース作りのコンセプトは、私が毎年行っているマウンテンバイクの本場、世界有数のカナダ「ウィスラーマウンテンバイクパーク」をイメージしたコース。
日本のライダーに合わせた内容で、楽しく本場ウィスラーの感覚を味わえるようなコース作りを目指しています。

特に初心者の方には、練習に最適なゲレンデのコースやジャンプの練習ができるエリアもありますので、無理なく慣れて楽しみながら、次のステップへ進んでもらえると良いなと思います。

ライン

何を持っていったら良いの? マウンテンバイクはレンタルでOK!!

何を持っていったら良いの? マウンテンバイクはレンタルでOK!!

動きやすい運動靴を履いていきましょう!
その他は、まずはふじてんのレンタル・売店で準備OK!

何を持っていったら良いの? マウンテンバイクはレンタルでOK!!

何を持っていったら良いの? マウンテンバイクはレンタルでOK!!

最低限必要なマウンテンバイク・ヘルメット・プロテクターは、ふじてんのレンタルで揃います。
また身につけるアイテム(ゴーグル・グローブ・靴)につきましてはレンタルはありませんが、ふじてんの売店にも準備がありますので、特に初心者の方は必ず身につけて体を守るようにしましょう。

ちなみにグローブについては、軍手の代用でも大丈夫です。
最初は厚手のものより軍手などの薄めの生地の方が、ブレーキを握る感覚が解り覚えやすいですよ。

靴は運動靴で!!
夏なのでサンダルの方もいらっしゃいますが脚が露出し、脱げ安いサンダルは危険です。
運動靴の中でも、靴底のゴムの材質が柔らかいものがペダルが漕ぎやすく一番おすすめ。(例えばスケートボード用とか)

マウンテンバイクのレンタル料金はこちら

ライン

マウンテンバイクの選び方は?

マウンテンバイクの選び方は?

初心者の方には、路面の凹凸を吸収してくれるフルサスペンションバイクが一番おすすめ!

マウンテンバイクの選び方は?

初心者の方に特におすすめの、フルサスペンションバイク

マウンテンバイクの選び方は?

テクニックが必要な、ハードテイル

ふじてんのレンタルにはいくつか種類がありますが、ダウンヒルで乗るのなら路面の凹凸を吸収してくれるサスペンションが前後に付いている、フルサスペンションバイクというモデルが初心者の方には一番おすすめ。
サスペンションが地面を抑えつけるのでブレーキが良く効き、コーナーも曲がりやすくなります。
またターンする時に横すべりしなくなるといった利点があります。

サスペンションが前輪だけにあるハードテイルバイクもありますがフルサスペンションにくらべてダートではコントロールしづらいために多少のテクニックが必要になります。
そこで初心者の方にはまずフルサスペンションバイクで楽しみながら、乗り慣れていきましょう。

もちろんサイズは大きすぎたり小さすぎたりせず、身体に合ったものを。

→次ページは、いよいよコース攻略編です

ライン

コースデビューSTEP1:初心者向けコース『グラスホッパー』での基本練習

コースデビューSTEP1:初心者向けコース『グラスホッパー』での基本練習

まずは初心者向けコースの『グラスホッパー』で乗り方の練習を!フォーム・止まる曲がるなどを中心に、身体の動かし方も慣らしていきましょう!

まずは芝生のコース『グラスホッパー』で、乗るときのフォームや止まること曲がることに徹底的に慣れましょう!
マウンテンバイクは、普段乗っている自転車とは全く違うスポーツです!
サドルが付いていますが、止まって休憩する時以外座ることはほとんどないスタンディングの姿勢が基本になりますし、コースは基本土の上なので、アスファルトの上を走る感覚とは全く違うものになります。
またブレーキパワーも強いものが多いので、急なブレーキにより前転してしまわないよう、比較的グリップの条件が良く万が一転倒しても安心な芝生の上で練習して感覚をつかんでいきましょう!

それではここからは映像でマウンテンバイクの基本を勉強しましょう。

グラスホッパー走行イメージ
乗車姿勢(足の位置)
上半身のフォーム

止まり方

ターンの仕方

ギアチェンジの仕方

ライン

コースデビューSTEP2:練習エリア『スキルパーク』でのジャンプ練習

コースデビューSTEP2:練習エリア『スキルパーク』でのジャンプ練習

次は練習エリア『スキルパーク』で、起伏に慣れましょう!ここではジャンプ用の「テーブルトップ」と、段差を降りる「ドロップオフ」の練習ができますよ!

STEP1のグラスホッパーでの練習の次は、主にジャンプとドロップオフの練習ができるスキルパークで、一番小さいジャンプから慣らしていきましょう!
コースの中にも中級上級になると小さいジャンプがいくつも出て来るので、まずは平坦なところで乗り慣れてから、スキルパークの縦の起伏のあるところ(テーブルトップ)で練習していきます。
またスキルパークではドロップオフと言って、段差を落ちる・降りるような練習もできるんですね。
コースの中ではやはりこうした段差もいっぱい出て来るので、ジャンプの上下運動と段差に慣れるために、まずは一番小さい台、初心者用のところで練習していきましょう!

それではここからは映像で解説します。

テーブルトップ通過の仕方
ジャンプの練習
目線・走行イメージ

ドロップオフ通過の仕方
目線・走行イメージ

ライン

さあ、コースライディングを楽しもう! 基本からのSTEP UP

さあ、コースライディングを楽しもう! 基本からのSTEP UP

一番は無理をせず、慣れるところから!慣れてきたら、自然と一体になってアクションアウトドアスポーツを楽しみましょう!

マウンテンバイクのコースは、グリーンが初心者、ブルーが中級者、ブラックが上級者と、色でレベル分けがされています。

LEVEL

挑戦していく順番としては、最初にグリーンのグラスホッパーで走ってもらって、そのあとスキルパークで練習。それからブルーのコースへ。ブルーを制覇したら今度はブラックのコースへ行き、ブラックも制覇したらリトルウィスラーのコースへ!
こういう順番が一番いいのかなと思いますね。

ふじてんマウンテンバイクコース全体マップはこちら→

コースに出てスピード感やコーナリング、ジャンプといったバイクコントロールを楽しんでいくためにも、まずは無理をせず、STEP1・STEP2でご紹介したコースで練習してマウンテンバイクに慣れるところから始めていきましょう!
なおレベルアップしたい中上級者の方を始め、乗り方等がなかなか解らない初心者の方のためにも、スクールを行っています。

スクールスケジュールはこちら→

日本では自転車は、移動の手段としてとても身近なものですが、マウンテンバイクの本場カナダなどでは、スポーツの乗り物という認識なんです。
そうした文化の違いがあるからこそ、マウンテンバイクはアクションスポーツだということを再確認して、ぜひ若い子たちにも楽しんでもらいたいですね。
夏にはマウンテンバイク、冬にはスキー・スノーボードで、年間ふじてんで遊べてしまいますよ!

森の空気を吸いながら、大自然の中で楽しめること。自然と一体になるという楽しさ。そこがアウトドアスポーツの醍醐味の1つなのかな。
マウンテンバイクに乗って駆け抜けるのは、とても気持ちが良いですよ!

←準備編へ戻る

ライン
メルマガ配信中

既にご登録済みの方のアドレス変更はこちらメールマガジン配信停止はこちら