go_down

富士山を
マウンテンバイクで
駆け下りよう。

東京・横浜・静岡から90分、簡単に日帰りの出来る、富士山のMTBパーク「ふじてん」。
富士山・河口湖の眺望を満喫しながら走るマウンテンバイク用コースです。
コースプロデューサーは「日本を代表するプロMTBフリーライダー高橋大喜」
ふじてんリゾートを本場ウィスラーのようなバイクパークにしようと奮闘中です。

ふじてんのマウンテンバイクコースは「高橋大喜プロMTBライダー」がプロデュースしています。

高橋大喜 PROFILE

プロMTBライダー。DAIKIFREERIDE MTB LOGIC代表。
コースプロデューサー、コースデザイナー、RockyMountaincycles契約ライダー。現在では日本人として唯一のFMBプロライセンスを持つライダーとして活動してる。

2013年にはアジア人として初めてFMB(Freeride Mountain Bike Association)ワールドツアーのスロープスタイルのプロカテゴリーに参戦し世界ランカーとなる。

昨年よりふじてんリゾートMTBパークのコースプロデューサとしてふじてんリゾートに常駐。プロライダーとしての海外での豊富なライド経験と国内での自身で管理するMTBパーク運営などの経験を生かし、ふじてんリゾートを本場ウィスラーのようなバイクパークにする事を目標に日々コース整備に奮闘中。

MTBフリーライドの第一人者としてフィルミングや雑誌出演、ライディングクリニックコーチとしてもMTB普及のために活動している。

所属:A&F ROCKY MOUNTAIN CYCLES
スポンサー:ROCKYMOUNTAIN,TROY LEE DESIGNS,SDG,CHRISKING,FOX RACING SHOX,IRC TIRE,CHROMAG,INDUSTRY NINE,Guava jelly
○公式ブログhttp://www.daikifreeride.com
○DAIKIFREERIDE MTB LOGICページ
http://www.joyridemtbpark.com
○Facebookページ
https://www.facebook.com/daiki.takahashi.58
https://www.facebook.com/joyridemtblogic

写真01

コース案内

ふじてんマウンテンバイクコースマップ

「Naughty Boy
(ノーティーボーイ) 」


ゲレンデ

バーム、ルーツ、ドロップ、ジャンプとMTBの醍醐味を味わえるバリエーション豊富な上級者向けコース。
テクニックがあればハードテールでも問題ありませんが、フルサスペンションバイクがオススメ。
ふじてんの人気ナンバーワンコースです。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03

ライン


「Roots junction
(ルーツジャンクション) 」


ゲレンデ

自然な地形をそのまま残してある根っこ、さらに腰から胸ほどの高さのドロップオフが多いふじてん随一のテクニカルコースです。
非常にテクニカルなのでレンタルバイクの初心者やハードテールの方は転倒のリスクが高いのでオススメしません。
中級者以上の方もスキルパークでドロップオフの練習を重ねてから挑戦しましょう。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


「Roller Coaster
(ローラーコースター) 」


ゲレンデ

すり鉢状のスムースな路面でコーナーには気持ちの良いバームが付いています。
程よく縦の動きも織りまぜられており、多くのレベルのライダーが楽しめる人気コースです。
ウォーミングアップの初めの一本はまずはここから。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


「Grasshopper
(グラスホッパー) 」


ゲレンデ

スキーゲレンデをそのまま自由に走れる事が特徴で、視界が広く芝生なので初心者に最適なコース。
ウォーミングアップや初、中級者のコーナリングの練習に最適です。
転倒しても比較的安全な芝生ですが、所々起伏があるので油断は禁物。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


「Bashamichi
(馬車道)」


ゲレンデ

連続バームやテーブルトップ、ドロップオフなど、バリエーションが豊富なふじてんの名物コース。
初心者には所々難関が多く待ち受けますが、スキルパークでしっかりと練習してスキルを磨けばマウンテンバイクの醍醐味を味わえるコースです。
後半のジャンプセクションはリピーター急増中。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


「Dark volcano
(ダークボルケーノ)」


ゲレンデ

溶岩地帯をクルージングする富士山麓のふじてんならではのコース。ライン取りが上手くいけばスムースに繋ぐ事が出来るのでトレイルでのスキルアップにも最適です。

イメージ画像01
イメージ画像01
イメージ画像01

ライン


「Matty’s loops
(マティーズループス)」


ゲレンデ

全体的に斜度が緩く連続コーナーもあり初中級者の練習にオススメのコース。
後半部分のボブスレーのような巨大バームは海外プロライダーも太鼓判のエリア。
海外メディアのフィルミングで使用され世界的にも知られているコースです。

イメージ画像01
イメージ画像02
イメージ画像03

ライン


「Little Whistler
(リトルウィスラー)」


ゲレンデ

初中級者は進入禁止のビッグジャンプが連続する上級者以上向けの超難易度コース。
最大の見せ場であるリフト下のテーブルトップと連続バームはまるで小さなウィスラーです。
日本ではなかなか味わうことの出来ない浮遊感とバームでの横Gを味わうことができます。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


「Skillpark
(スキルパーク)」


ゲレンデ

テーブルトップ、ドロップオフ、パンプトラックが安全に楽しめる、スキルアップに最適な練習エリアです。

ウォーミングアップに最適なので、コース内の大きめのジャンプやドロップオフに挑戦する前にはここで予行練習を行いましょう。

スキルパーク内の各セクションを完全に乗りこなせれば全てのコースを楽しく走れるように設計してあるので、ここでじっくりとスキルを磨く事が最大限楽しむためのポイントです。

イメージ画像01
イメージ画像02

ライン


メルマガ配信中

既にご登録済みの方のアドレス変更はこちら  メールマガジン配信停止はこちら